奈良県大和牛流通推進協議会ホームページ・鎌倉時代からの銘牛・大和牛

 
 

鎌倉末期、良牛が描かれた「国牛十図」・大和は700年前、すでに大和牛の名のもとに良牛の産出国のひとつにあげられていました。歴史に培われた環境と恵まれた気候風土に育まれた、安心で良質な黒毛和牛「大和牛=vその柔らかな食感と上質な味わいをぜひ、ご堪能下さい。

国牛十図にみるやまとうし(やまとうし)

「国牛十図にみる大和牛」天理大学附属天理図書館蔵

・掲載画像の無断使用は禁止されていますので、利用の際は天理図書館の許可を得て下さい。
みつえ高原牧場(宇陀郡御杖村)風景

豊かな自然と研究成果。優良子牛の故郷「みつえ高原牧場」

大和牛(やまとうし)の生まれ故郷のひとつ、「みつえ高原牧場(宇陀郡御杖村)です。選ばれた両親(牛)と日々の研究に裏打ちされた生産技術から生まれた、優良子牛を育てています。
広々とした牧場で、おいしい空気と、夏でも涼しい環境の中、ゆったりと飼われています。

「大和牛」規格要件はこちら

奈良県プレミアムセレクト大和牛

新着・更新情報

第36回大和牛枝肉共励会

 
 
Copyright・奈良県大和牛流通推進協議会